プレート式熱交換器

取り組み

創業以来、温水機器の心臓部である『熱交換器』と『バーナー』の生産を中心に発展してきました。
熱交換理論と培った技術・ノウハウにより、軽量コンパクトで高効率、信頼性に優れたプレート式熱交換器を開発しました。
接合技術と量産技術を向上させ、コストパフォーマンスに優れた熱交換器の開発を続けています。

真空炉 3室炉×2基
生産能力 約3万台/月
販売実績 22.0万台(2015年)


しくみ

プレート式熱交換器は、波状にプレス加工した伝熱プレートを、
隣り合うプレートの傾斜方向が反対になるように組み合わせ、
その間を高温と低温の流体がプレートを隔てて、互いが混ざり合わないように交互に流れることで、
高温側から低温側へ、効率良く熱エネルギーを伝える構造です。



構造

プレート式熱交換器は、伝熱プレートと補強する為のプレート(天板・底補強板)、それらを接合する為のろう材、
流体の出入り口、器具との接続用となる接続継手からなるシンプルな構成になっています。

特徴

@伝熱効率の高いヘリンボーン構造と真空ろう付け接合を採用して、伝熱係数を向上し、高性能な熱交換率を実現しました。
A伝熱プレートなどの材質、ろう材の選定、接合条件の最適化により耐久性能に優れた信頼性を確保しました。
B多品種少量生産システムにより、お客様の使用条件に最適なオリジナル品を提供できます。

高性能

ヘリンボーン形状(下図)のプレートを採用することにより、複雑な流路が形成され、
大きい伝熱係数が得られコンパクト化できます。



軽量化

真空ろう付接合により、ヘリンボーン形状プレートは隣り合うプレートの波型が多点接触(多点ろう付)を得られるため、
強度に優れ、高い圧力差に耐えることができ、プレート厚みも薄くできるので、軽量化を実現できます。


高効率

流体に高い乱流が生じ、完全対向流により、高い伝熱性能を生み出す効率のよい熱交換ができます。



製品ラインナップ


















E-mail:sales@taisei.noritz.co.jp