優れた素材加工技術

『銅・ステンレス材料を中心とした超一流の素材加工技術を確立し、それを基本として応用・開発に全英知を集結する』
これが、私たちの製品づくりの原点です。













高度なろう付け技術
熱交換器にとってろう付け技術はまさに命です。銅ろう付けの他、耐食性に優れたニッケルろう材を使用した接合も可能です。
真空ろう付け設備
真空ろう付け設備の導入により、高い圧力差に耐えることができ、プレート厚みも薄くできます。
ロボット自動化ライン
先進のロボット制御を駆使し、自動化により、コスト削減と効率性の向上を図りました。
気密・耐圧検査
気密・耐圧検査および外観・寸法検査を行い、より多くのお客様に信頼して頂けるよう努力しています。

ISO9001 (品質マネジメントシステム)

ISO9001に基づく品質マネジメントシステムにより、
製品やサービスの品質管理・仕組みづくりを通して、より多くのお客様に信頼、ご満足頂けるよう努力しています。
日々の製品品質の確認・分析をX線検査機、三次元測定機、マイクロスコープなどで行っています。




NRPS (NORITZ PRODUCTION SYSTEM)

トヨタ生産方式をベースとして、弊社の親会社である株式会社ノーリツが進める生産方式です。
『必要な商品を必要なだけ、必要な時にお届けする』独自の生産方式で、あらゆる無駄を無くすことと、短納期で商品をお客様にお届けすることを目指しています。
加えて、生産現場だけでなく、営業・管理業務、その他の業務へ展開し、企業活動全体の効率化を推進しています。


応用技術の開発

水素と空気中の酸素から電気をつくりだし、同時に発生する排熱を温水として回収する燃料電池システムや、
ガスエンジンによって発電を行い、排熱を温水として回収するガスエンジンシステムなど、
コジェネレーションシステムにもプレート式熱交換器が多く使用されています。