社長あいさつ

『夢のある企業』をめざして

私たち大成工業株式会社は、『湯まわり設備』のトップメーカーである株式会社ノーリツの系列会社として、
温水機器の心臓部である『熱交換器』と『バーナー』の生産を中心に発展してきました。

私たちの製品は、お客様の目に直接触れるものではありませんが、
『お湯を沸かす』というはたらきを通して、
より良い品質をお届けすることをモットーに、
常にお客様を意識しながら『製品づくり』を続けています。

これからは、蓄積してきた優れた技術基盤と最新テクノロジーを融合させ、
生産技術力のさらなる深耕と、新しい製品分野の開発に注力していくつもりです。

21世紀を迎え、企業をめぐる環境も激しく変化しています。
これらの変化には、 迅速果敢に対応していかなければなりません。

しかしながら、 世の中がいかに変化しようとも、
決して変わってはならないものがあります。
私たちの掲げる社是、『創意・誠実・信頼』もその一つです。

今後とも、わたしたちはこれらを企業活動の原点として継承していきます。
そして、常に『夢のある企業』の実現に向けて挑戦してまいります。

代表取締役社長 曽田 裕司

会社概要

2017年12月末現在
会社名大成工業株式会社
代表取締役社長曽田 裕司
本社所在地〒674-0093 兵庫県明石市二見町南二見9番1
TEL. 078-944-0091(代表) / FAX. 078-942-6638
資本金9,500万円
設立1961年4月
従業員数352名(2017年12月末現在)
売上高129.9億円(2016年度)
133.1億円(2017年度)
事業内容給湯機器用熱交換器の製造
主要納入先
(敬称略)
株式会社ノーリツ
株式会社ハーマン
パナソニック株式会社
パナソニックエコシステムズ株式会社
株式会社長府製作所
主取引銀行
(敬称略)
三井住友銀行
みなと銀行

本社工場

〒674-0093
明石市二見町南二見9番1
TEL(078)944-0091
FAX(078)942-6638

播磨第二工場

〒674-0093
明石市二見町南二見4番
(株式会社ノーリツNAM事業所内)
TEL(078)942-6607
FAX(078)944-1171

播磨第三工場

〒675-0163
加古郡播磨町古宮1番9
TEL(078)941-4491
FAX(078)941-4492

稲美工場

〒675-1105
加古郡稲美町加古1004番
TEL(079)492-5981
FAX(079)492-6091

会社沿革

1961年04月神戸市に大成工業株式会社を設立し、(株)ノーリツの鋼板製温水器の製造を開始
1962年12月本社及び工場を明石市魚住町に移転(明石工場)
1965年10月明石工場に第二工場を増設
1968年04月明石工場に第三工場を増設
1976年01月(株)ノーリツのステンレス製温水器用缶体の製造を開始
1978年06月(株)ノーリツの銅板製熱交換器の製造を開始
1980年04月兵庫県加古郡稲美町に稲美工場を新設
1983年04月本社及び工場を明石市二見町に新設・移転(播磨第一工場・播磨第二工場)
1986年07月新生産方式『TPS』導入宣言
1995年01月阪神淡路大震災による被害で操業1日停止
1997年04月(株)ノーリツのシステムキッチン用ワークトップの製造を開始
1997年05月金型の内製化事業を開始
1998年03月資本金を9,500万円に増資
1999年03月ISO-14001を認証取得
1999年04月ISO-9001を認証取得
2000年04月(株)ノーリツの燃焼管の製造を開始
2003年04月プレート式熱交換器の製造・販売を開始
2004年10月周防金属工業(株)を子会社として、傘下に組み入れ
2006年05月新工場(播磨第三工場)の稼動開始
2010年01月周防金属工業(株)を吸収合併し、名古屋工場を発足
2011年10月本社工場を新築拡張し稼働開始
2013年12月名古屋工場を兵庫県内事業所に生産移管
2014年08月銅材料の進料・来料加工貿易を開始
2016年08月リン銅ロー材内製化事業開始
2017年08月プレート熱交海外輸出事業開始
2018年05月薄肉研磨ステンレス菅事業開始